iOS:daeファイルのカメラを使う[SWIFT4]

SceneKitでdaeファイルを取りこんだ時にdaeファイル内のカメラを削除して利用していましたが、コード内で自分でカメラを設定した時になかなかカメラの位置あわせが思うように行きませんでした。

方針転換しdaeファイル内のカメラを使うことにしました。

 

Freeの3Dモデルをダウンロードしgameテンプレートで作ったプロジェクトに取込みます


使ったモデルは上のような丸太です。一部テキスチャがぬけていますがこのまま進めます。
左のシーングラフを見るとカメラの名前はCameraとなっています。

 

ソースは以下のようになります

daeファイルのカメラにアクセスする部分は以下の部分です。
let cameranode = scene.rootNode.childNode(withName: “Camera”, recursively: true)
if cameranode != nil {
print(“camera position:\(cameranode?.position)”)
print(“camera euler angle:\(cameranode?.eulerAngles)”)
}
daeファイル内のカメラの名前Cameraを使って該当するnodeをみつけます

実機で確認すると画面の真ん中に表示されました。

 

コンソールに出力したカメラの位置とオイラー角は以下の通りです。


オイラー角はシーンエディタでは度で表示されます。ラジアンに変換するとコンソール出力と一致しているのがわかります

 

シーンの元ファイルはblenderで作る予定ですが、blender内でカメラを設定し、カメラを含めた状態でdaeファイルに変換する方法を今後採用したいと思います。

(Visited 9 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA