KiCAD オートルータの覚え書き

Arduinoやmbedを使ってテストし基板に残しておきたいと思い、KiCADというPCB作成のCADをインストールしました。KiCADは外部のプログラムを使ってオートルータを実現することが可能です。

オートルータ設定の覚え書きになります。

 

入手先

githubの以下のサイトからファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍します。

使い方

解凍したフォルダfreerouting-master を適当なフォルダへ移動します。

freerouting-master>binaries 内にあるexeファイルがオートルータのアプリになります。

これを実行するにはJavaが実行できる環境をあらかじめ作っておくことが必要です。

 

意味のない回路ですが、この回路をpcbnewのメニューで

をクリックします

 

上のダイアログがでたら、現在のボードをSpecctra DSN ファイルへエクスポート をクリックします

プロジェクトファイルと同じフォルダにに保存します。

 

オートルーターのプログラムを起動します。

open your own design をクリックして保存した.dsnファイルを開きます

以下のような画面が立ち上がります

 

メニューのAutorouterをクリックします。

すると画面上にオートルータが実行されパターンが形成されます。

 

簡単な回路なのでルーティングは一瞬で終了しますが、複雑な回路だと数時間かかるようです。

 

配線が完了したのでFile>Export Specctra Session File をクリックします

 

はいをクリックしてファイルを生成します

 

pcbnewに戻り、

上のダイアログでスペクトラセッションファイルのバックインポート をクリックします

エクスポートで作成された.sesファイルを選択し開きます。

はいをクリックします。

 

pcbnewにもどると自動配線の結果が反映されているのが確認できます。

 

デザインルールを指定しておくと、例えば電源ラインだけ指定の太いパターンにするなどできるようです。

(Visited 150 times, 8 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA