STM32 Nucleo Board STM32F042K6 外部電源で動作させる

STM32 Nucleo Board STM32F042K6はプログラミング用のUSBケーブルでボードに電源を供給してLチカ等動作させることができます。

ファームを書き込んだボードを外部電源5Vで動作させようとしたときにつまずいたので備忘録を残しておきます

外部電源5Vのみでボードを動作させるにはNRST-3.3V間をジャンパーさせます。
どうもST-LINK関連のバグのようで将来は解消されるかもしれません。

上のようにジャンパー線を使います。

ただし、USBケーブルからファームを書き込むときはこのジャンパーを取り除いてオープンにしなければなりません。

(Visited 12 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA